スマホ修理は専門店へ!自分でスマホ修理をすることの危険性とは?!


毎日使う物だからこそ常に故障の可能性が

現代の日本社会において、スマホは生活必需品の一つと言っても過言ではありません。家族や友人と連絡を取り合うなどプライベートで使用することはもちろん、仕事のやり取りで使用する場面も多くなっています。このようにあらゆる場面で頻繁に使うスマホだからこそ、ちょっとした不注意で故障してしまう可能性があります。落下させてしまったり硬い物にぶつけてしまったり、このような事態は誰にでも起こり得ることでしょう。その中でも完全に故障してしまう可能性が高いのが、スマホの水没です。スマホの重要部分は精密機械で構成されているため、水没してしまうと完全に故障してしまう可能性があります。

水没時にやってはいけない行動とは

スマホを水没させてしまうと、焦りのあまり自分でなんとか修理をしようとしてしまう人がいます。まず多いのが、スマホを振ることで中に入った水分を排出させようという行動です。実はこれは逆効果で、水分がさらにスマホの内部に侵入してしまう可能性があります。またドライヤーなどで温風を当てて水分を乾燥させようとする行為も要注意です。この行為も水分をスマホ全体に浸透させてしまう可能性があり、本来濡れていなかった重要部分まで水濡れしてしまう可能性があるからです。スマホを水没させてしまったら、まずは速やかにスマホ修理の専門店に持って行くようにしましょう。スマホの内部まで完全に水没してしまっている場合は修理が困難かもしれませんが、下手に素人が修理をしようとするよりは治る可能性は高いと言えるでしょう。

スマホ修理を早めに行えばスマホを長く使えることに繋がります。修理をしないと、画面割れから水が入って基盤もダメになるということになります。